東京都の防災対策は全国に先駆けて

大規模にすすめられていました
環状7号線沿いの防災対策
木造密集地域の防災対策など
都民を含め専門家の間では大きな期待をしています東京都の防災対策は継続されていくのか
近い将来 首都圏に直下型の大地震か発生する

もし東京に 東日本大震災と同じ様な地震が起きて
東日本地域と同じことが 首都東京に起こったとしたらと
考えると ぞっとする思いです

日本が沈没してしまうのではないかと不安に思えます
これまですすめてきた防災対策は
継続していく必要があると思います

また都民は 東京都に頼るだけではなく

自主的な防災意識を強くもち
自分達でできることを もっと積極的にやるべきです
具体的には 大地震が発生したときに倒壊すると予想される老朽化した建物はできる限り 速やかに
鉄筋コンクリート等の防災に適した建物に建て替えるべきです
その他 今一度 身の回りの 防災対策を見直してみることが大切です

それは判っているが そんな資金もないし 年齢的にも無理だと云われる人が 都内にはたくさんいると思います

そのような人は 是非ブリックスにご相談ください
資金の問題から 鉄筋コンクリートの建物等を効率的に建て
老後の不安を解消した計画を ご提案いたします

ブリックス鉄筋コンクリートRCU建築