ヨーロッパの国々には 数世紀経った建物が
街の中心部に多く建っています
その建物は その国によって特徴があり 
世界中から観光客が訪れます

建物の構造は石づくりですが 
室内に木が多く使われています
床には分厚い木が敷かれていて 
数世紀の使用によってたくさん通るところは
すり減っていますが 
そこに住んでいる人たちは気にせずに使用しています

天井は上階の床を支えるために 大きな木の梁がかけられています

室内の壁の仕上げは 
外壁の厚さ50~70センチの石の 
室内側にはしっくいなどの塗り壁になっています

ヨーロッパの厳しい寒さに 
分厚い石の外壁と 室内には分厚い木を使ってます
数世紀にわたって 同じ住居に
ヨーロッパの人々は快適に暮らしています

家の石の外壁の補修などはほとんどなく 
室内の木部も拭き掃除くらいです

パリの街並みでは 観光のために 
100年おき位に外壁の石の清掃をおこなっているようです
基本的にはメンテナンスフリーの建物です

日本の住宅では数年~10年おきには補修が必要となります
そして数10年おきには建て替えられています

日本でも ヨーロッパの建物のような数世紀の耐久性のある
石づくりの建築を建てたいものです

そこで メイドインジャパンの石づくりの建築が登場しました
外壁が本物の御影石で覆われていて 
構造は地震に強い壁式の鉄筋コンクリートでできています

外壁の厚さは25センチと日本の建築ではトップクラスです
室内は石または塗り壁の仕様になっていて

まさにヨーロッパの建物です
さらに外壁は外断熱の仕様になっています

独自の建築工法です
ブリックスの建築