2014021722363126d.jpg

雨水を利用する家

住宅の床下に雨水を貯めて 雨水を利用する家

雨水利用とは、建物の屋根などに降った雨を
貯留槽(タンク)に貯め
貯めた雨水を樹木への散水や 車の洗車
トイレの洗浄水などに利用することです

大規模な震災などによる災害時には
水道管の破裂などによって水道が使えなくなることがあります

そのような時に貯めた雨水は貴重な生活用水としても活用できます
また 降った雨を浸透させれば 地域の水循環が蘇ります

都市化の影響で街はコンクリートに覆われたために
雨水の浸透能力がなくなり
降った雨はそのまま下水道に放流されます

集中豪雨等により雨水が下水道の処理能力を超えた場合は
マンホール等から下水が逆流する

いわゆる「都市型洪水」が発生し被害が生じています
各 住宅で 雨を貯めれば下水道への負荷を軽減することができ
都市型洪水の防止に寄与します

雨と都市の共生を目指し雨水の貯留
浸透及び水資源として利用できます

ブリックスRCU工法の基礎部分の利用によって
雨水利用の 貯水槽が 作れます
詳しくは ブリックスまでお問い合わせください