大津波CAKECPCZ

東日本大震災の津波調査の結果によると 生死の境は20分でした
非難を開始した時間が 生存者は平均19分 亡くなった方は21分
その差はたったの2分でした

亡くなった方の60%は再び危険地域へもどりました なぜ避難しなかったのか
1 自分のいるところが安全だと思った
2 逃げる前にすることがあった
3 逃げるという考えがなかった
4 逃げたくなっかた
5 恐怖で動けなかった
6 逃げ道がわからなかった

避難するまでなにをしていたか
1 テレビ ラジオで情報を確認をしていた
2 ただちに避難した
3 家族や知人などの安否の確認をしていた
4 家族や知人を迎えに行った
5 災害時の役割に従事していた
6 地震の片付け
7 防災用品を準備していた
8 恐怖で動けなっかた

最初に避難した場所は安全だったか?
(生存者)
1 77% 安全だった
2 12% 安全ではなかった
3 11% 安全でなく移動した

最初に避難した場所は安全であったか?
(亡くなった方)
1 64% 安全ではなかった
2 27安全だった
3 9%安全でなく移動した

【生存者の声】
地震発生直後 あわてて 裸足で家を飛び出した
靴と厚手の上着を取りに家に戻り すぐに避難した
大きな地震だったし 津波が絶対来ると思って逃げた
先人の教え 常日頃から地震の後は津波がくると
子供の頃から叩き込まれて 育ってきているので
すぐ逃げる事ができて助かった

建物では木造の建物の ほとんどが津波に流されました 流されずに残ったのは 鉄筋コンクリート建築でした 鉄筋コンクリート構造の建物が残ったとしても必ず 生存する 保証はありませんが 少なくとも 木造住宅よりは 生存の確率は 高いのです

ブリックスの鉄筋コンクリート建築は 壁の暑さが一般の鉄筋コンクリート構造の建築よりさらに壁が厚く25センチの骨太建築 です

ブリックス建築で 自然災害の対策をして見ませんか