20160623075035ad7.jpg

日本は年間の 降雨量が多く
鉄筋コンクリートの建築作業の妨げになります

木造や鉄骨建築などは建物を施工するとき
雨などが降った日は工事を 中止することになります
特に木材が 雨に濡れてしまうと
せっかっく乾燥させた木材が 使えなくなります

またグラスウールなども
絶対にぬらすことが出来ない建築材料です
雨に弱い建物は木造以外にも
軽量鉄骨住宅や 軽量コンクリート住宅も
同様に雨天時には 作業は行えません

しかし 最近のゲリラ豪雨のように
突然豪雨が襲ってくることもあります
雨に濡れてしまったグラスウールなどは
本来すべて交換する必要があります
このように建物を建てるときには 雨との関係は重要です

ブリックス 鉄筋コンクリートRCU建築は 建築材料が 天然石
又はコンクリート製で雨に濡れても 材料が痛んだりしません

断熱材も発砲ポリスチレンなので防水性があります
コンクリートの打設時も 多少の雨であれば 問題なく作業は可能です             天候の影響を受けにくく 作業性の良い

ブリックス 鉄筋コンクリート RCU建築を ご検討ください

yos a