hom a

遊んでいる土地が泣いています

土地を所有していても なにも利用しないで 放置しているだけでは 草刈りなど管理するだけでも費用がかかります また 一番高い税率が課税されています 長期間土地の利用計画がない時には 従来の定期借地権ではなく 新しい定期借地のシステムが面白いと思います

従来の定期借地権は双方にメリットが無い

土地所有者が期間を定め土地を第三者貸します 土地を借りた人は 25年〜30年の住宅ローンを組んで新築住宅を建てます その期間が満了すると同時に 建物を解体して土地所有者に変換しますこれが従来の定期借地権でした これでは 土地を借りた人と 土地を貸した人には あまりメリットがありません 土地を借りた人も変換時に 解体費が掛からずに得をします

海外の定期借地権は長期間なのでメリットがある

日本では土地は所有権で売買されますが 海外ではほとんどの国は100年前後の定期借地権です また住宅の寿命は日本の2〜3倍です 建物の寿命が長耐久性だからメリットがあるのです 1回組んだ30年間の住宅ローンが終わっても その後に建物が 長期に残っていれば充分 採算が合います

キーポイントは建物の耐久性が数100年以上

土地所有者も返ってきた 土地に 充分な価値のある建物が残っていれば 変換後にその建物を再利用するなどが可能であり メリットがあります 例えばヨーロッパの石造りの建物の様なものが自分の所有する 建物であれば尚更です

新しい定期借地システムは超ロング耐久性のBrix建築です

外断熱の鉄筋コンクリート構造は研究データでは 耐久性が従来の鉄筋コンクリートの3倍の 180年と超耐久性の建築です デザインも外壁が天然石の外壁のヨーロッパ建築の経年変化に耐える建築です


ブリックスの鉄筋コンクリート外断熱建築をご検討ください