CALGB2N9.jpg

狭小住宅を建てる時

お隣との距離は いったいどのくらい

空けたらいいのだろうか

お隣との距離は 法律上の制約がある

第一種低層地域では 50センチ以上空ける [民法234条]

防火地域 準防火地域では 耐火建築物(鉄筋コンクリート)は

敷地境界に沿って建物が建てらる[建築基準法65条]

最高裁の判例では 建築基準法が優先されるとある

(第一種低層住宅でも 防火地域 準防火地域では建築基準法が優先)

では 実際問題として敷地境界に沿った

狭小住宅は建てられるだろうか

一般的に狭小住宅は外側に足場を設置して

その足場から施工をします

その足場の幅と そこで作業をする人の

スペースを確保しなければ工事はできない

したがって 隣地との距離は

40~50センチの空間が必要となる

狭小住宅 建て方の比較表     広く建てる
狭小地断面図
一般建築        無足場ブリックス建築

狭小住宅の場合は 敷地境界一杯に建てたいところ

そこで考案された 狭小住宅を内側から施工する建築工法

狭小住宅を内側から施工することにより

狭小建築の外側には足場も施工空間も不要となる

しかしそれでは 外壁の仕上げなどは

狭小建築には どの様に施工するのか

天然石が埋め込まれた ユニットを内側から組上げ

そのユニットの内部に 生コンクリートを打ち込む

そのため隣地境界に沿って 狭小建築が可能となる

狭小建築は周囲に人が入るスペースがなくメンテナンスができません

そのため メンテナンスが不要の外壁が必要不可欠です

万一 木造住宅や鉄骨住宅などで建てるとサビや木の腐ることになります

その点外壁が天然石なので数100年間補修が不要です

国際特許のこの工法は

室内から施工の出来る 唯一の建築工法です

ブリックス鉄筋コンクリートRCU建築

ユニット写真


骨太250壁厚 ブリックス建築のホームページもご覧ください