狭小地RC建築 ZERO工法 無足場建築

鉄筋コンクリート住宅を建てるとき 外壁の工事は 建物の外側に足場を組み立てから工事をする ブリックスのZERO工法は 無足場で 外壁の工事も 型枠工事MO全てを 室内側から ブリックスユニットを組立て 外壁の仕上げと構造体のコンリートを内側からつくる したがって建物の外部の無駄な施工スペースと外足場がいらない

 外部スペースをゼロにして そのスペース分を ひと廻り建物を広くできる 狭い土地に可能な限り 広い鉄筋コンクリート住宅が建つブリックス ZERO工法 一般の木造住宅やプレハブ住宅の場合 雨仕舞いのため 屋根の軒先や 窓の庇(ひさし)が出っ張る その分 建物が狭くなる 短くしたり 取ったりすると
雨漏りの原因となる 庇のいらない建物は  鉄筋コンクリートの住宅 コンクリートは 防水構造なのでそのまま 屋根や壁に使われ 庇などは不要なのだ
ブリックス建築は外壁が天然石で出来ているため 一般的には単調なデザインとなる狭小RC住宅だが  外壁が御影石の高級感のある建物が出来上がる ブリックスの建築は 一般のRC建築に比べて 耐震 耐火 耐火 台風 耐津波 などの 住宅性能が  ローコストで 鉄筋コンクリート住宅が完成する
ブリックスの鉄筋コンクリート住宅