都心では 1億円を超えるマンションが売れています
そんな中 小さくても一戸建ての家を都心に
持ちたいと 小さな土地の物件が高騰していています

狭小地に家を建てる
狭小住宅の人気が高まっています

狭小地に家を建てるときには
出来るだけ広く家を建てたいものです

民法では隣地との間に
50センチ以上離す必要があります

建築基準法は 耐火建築であれば
準防火地域以上のときは
隣地に接して建築することが出来ます

仮に 建築時の 足場がお隣に越境するときには
隣家の足場の承諾が必要です

承諾が得られないときには
施工できなくなることがあります

一般的に建物を建てるときには
建物の外側に足場を組んで工事をします

狭小地の場合 建物を敷地一杯に建てるため
隣地とのスペースを 最小限にしてしまいがちです

実際には 人が施工する為の数10センチのスペースと
外足場が必要の様です

その結果 隣地に足場が出てしまい
隣家の承諾が必要となります
一般的には 隣家の承諾は困難です

結論として 建物は 敷地一杯に建てることが
出来ずにひとまわり小さな家となります

ブリックスのゼロ工法は外足場が不要で
狭小地の隣地境界一杯に 建物が建てられます

その訳は 施工をするときには
建物の内側から施工し 外装も内側から完成します

つまり 外足場を使用せず
自分の敷地の内で施工するので
隣家の承諾は不要です

しかし 狭小住宅は 隣地一杯に建てられたから
完了ではありません

建物は 建ててからが 大切なのです
なぜなら 数100年以上もの長期にわたって
建物を維持して行く訳ですから

人の入れないくらい
敷地一杯に建物を建てることで
メンテナンスはできません

一般的に 木造や 鉄骨の建物は
メンテナンスが必要です

ブリックスの建築は外壁は
天然の御影石が標準仕様で
メンテナンスがフリーです

施工はゼロ工法で
隣地境界にいっぱいに建物が建てられます

ブリックス鉄筋コンクリートRCU 建築