250ミリの壁厚の鉄筋コンクリート住宅

一般的な木造住宅や軽量鉄骨の住宅は壁の厚さは120数ミリ位で
その内側は空洞でグラスウールなどが入っています

家の壁の厚さは 安全性 快適性 耐久性において その家の基本となる一番重要な構造部であります

地震や津波や台風の自然災害や火災から守るのは壁です

また現代の共同住宅で 一番苦情の多いのは 遮音の問題です 隣の部屋からのテレビの音さえ聞こえてきます 個人住宅にしても隣の部屋の音は気になるものです

ブリックス建築の壁の厚さは鉄筋コンクリート建築 外壁で250ミリ 内壁で230ミリです 外壁は天然の石で覆われた 超壁厚の鉄筋コンクリートので できています 従来の建物と比較すると遮音性は格段に優れています
楽器の演奏ができる部屋やマンションも可能です

また放射能については レントゲン室の鉛と同じくらいの性能の
コンクリートの厚さでもあります

また外壁は外断熱になっています 外気の暑さや寒さを建物ごと
保護しています 内側の壁は シックハウスの原因となるビニールクロスは
原則的には使用しません 内壁は躯体に塗り壁でできていて
室内温度を蓄熱するように考えられています

この様に建物の壁は 住まいにおいては最も重要なものであります

是非ブリックスRCU建築をご検討ください

image_201308112304552db.jpg