C

日本は6800以上の島から成り立っている 島国です
住んでいる場所はすべて 周囲が海で囲まれています

そのため 夏は高温多湿の 気候です
国土の約70パーセンが森林です
フィンランド スウェーデンに次ぐ世界3位の森林大国です

そんな 高温多湿で 森林が多い 島国日本で家をたてるときには
森林資源を利用した 木造の建築が建てられてきました

日本の高温多湿の気候に対して
住環境と 建物の耐久性を高めるため

家は 床下を高く上げて 床下の湿気を逃がしたり
建物中の 風通しを良くしたり
様々な工夫で家が建てられてきました

木造の家には長所と短所があります

長所は 木のぬくもり 木の調湿性
短所は 腐る 燃える シロアリそれを保護するため
防腐剤 防虫材 接着剤などの使用するときの害
また 津波 台風 地震 火災などの自然災害に弱いことです

現代の日本にはさまざまま自然災害に対応出来る建物で
人が健康で安全に住める建物が必要です

これからの日本に最適な工法が誕生しました
それは世界特許を取得したブリックスの建築です

ブリックスの建築は基本構造が 鉄筋コンクリートで
外壁を本物の御影石で仕上げています

地震 台風 火事 津波に強く
冬暖かく 夏涼しい そして誰でも簡単に施工ができます
これからの日本の住まいに最適です

100年建築のブリックスの建築


ブリックス建築のホームページ