image_20130514232338.jpg

羽田空港の飛行新ルートの騒音が 地域の人たちを困らせています さいたま市方向から降下し 東京都の東側を通過して 羽田空港へ着陸します 地元の人たちの話では 騒音が90デシベル以上あった テレビの音が聞こえなかった 上空を通過するときにはには 新築の木造の家のベランダが揺れるほどすごかったと話しています

解決策として一番簡単なのは飛行ルートの変更があります しかしいろいろな問題があって止むを得ずこのルートになったのではと思います この様な飛行機による騒音問題は羽田空港だけではありません 全国的に多くの方々が被害にあっています

では自分たちでできる防衛策を考えて見ましょう 90デシベル以上の騒音でテレビの音が聞こえないとか 上空を通過するときにベランダが揺れるなどの問題を解決する方法はあります

結論から申し上げますと 重たい物ほど防音効果があります たとえば石やコンクリートなどで建てた建物は 軽い木造住宅や鉄骨住宅よりも数倍防音効果があります より防音効果を期待するのあれば 一般的なマンションの造り方である鉄筋コンクリートのラーメン構造では無く 同じ鉄筋コンクリート建築でも 壁構造の鉄筋コンクリート建築は壁厚が1、5倍の厚みがあり より防音効果があります

その鉄筋コンクリート壁構造の建築の中でも ブリックス建築は 壁厚が25センチと一般の鉄筋コンクリート壁構造より約1、5倍の厚さがあります この様な
分厚い壁の鉄筋コンクリート建築は建築業界ではトップです このブリックスの鉄筋コンクリート建築はさらに 外断熱工法であり 外壁が天然石の御影石を標準装備としています 防音対策としてはこれ以上の建築は特別に造る以外になく
防音対策の住宅としては理想の建物です ブリックス建築で 飛行機の騒音に悩まされずに 静かな住まいで 快適な生活をお過ごしください

ブリックス鉄筋コンクリート建築

壁厚比較図