鉄筋コンクリートの建築・外断熱・狭小地住宅・世界特許の建築構法 300年建築

外壁天然石+外断熱+鉄筋コンクリート構造+室内石パネル=Brix壁厚25センチ

 
ブリックス建築はヨーロッパ建築がルーツです  

外壁は数世紀の耐久性があり石の中でも最も硬く耐候性と耐久性のある    天然石の御影石を全面 標準仕様としています 外壁の構造は 天然御影石+外断熱+鉄筋コンクリート+石パネル=合計25センチの超厚壁構造です 一般の分譲マンションの壁厚の1、5です 室内の壁厚は 石パネル+鉄筋コンクリート構造+石パネル=合計23センチ 一般分譲マンションの1、5倍の厚さがあります 

ブリックス建築はどうしてこんなに壁が厚いのか 木造建築などと比較すると おどろくほどの壁の厚みです その理由はいくつかあります  1、建物の耐震性や耐風性能です 25センチの厚壁のRC造モノコック構造は 大型地震や大型台風がきても人命を守り安心して暮らせます 2、防音性能が高く外部の自動車やトラックの騒音などを気にせず安眠できますまた室内で楽器やカラオケなど大きな音を出しても近所には迷惑をかけません 3、建物の耐久性です 鉄筋コンクリート構造は 内部の鉄筋が錆びることが建物の寿命を短くします Brixの25センチの壁は鉄筋コンクリート構造の外側に外断熱さらにその外側に 天然石の外壁が鉄筋コンクリート構造を保護して建物の耐久性能を飛躍的に伸ばしています このことは日本コンクリート工業会の研究結果からもわかるとおり外断熱の建物は180年の耐久性能が認められています ブリックスの建築工法は 耐久性が数世紀の天然石の外壁の仕上げでさらに数100年の耐久性があることになります 

             
また音楽マンションの防音効果が商品価値を高めます
その性能は年月を経ても自然石で劣化しないため
高い遮音性能が数100年単位で長く保たれます


一般の木造住宅を建てるのと比較すると 3倍以上の寿命の長いBrixの鉄筋
コンクリートの住宅を建てると 結果的には 3分の1の建築コストで済むことになります
更に 一般の住宅は5年~10年に1回 外壁に足場をかけてする補修工事に 1回100万程度の費用が掛かります
初期の建築コストだけではなく長期のいろいろな コストを考えた建物を選びましょう
ブリックスの鉄筋コンクリートの外断熱の建築は 木造住宅やプレハブ住宅と同じ仕様で比較をすれば 建築コストは決して高いものではありません    


世界特許のRCU建築をご検討ください

世界で発生する地震…地震に強く、さらにエコなブリックス。

いま世界では大型地震が相次ぎ、インドネシア・アフリカ・ハイチ・ちりなど、各所で発生し建物の倒壊を含めたくさんの犠牲が出ています。
日本は、約4つのプレートが複雑に交差する、地震大国といってもいい国位置しています。
現在2010年発生のチリ地震では、日本の技術を活かした建物への被害が比較的少ないといわれ、その工法や建て方に注目が集まっています。
ブリックスももちろん耐震構造に強いことが大きな特徴であり、さらに外断熱などから省エネにつながるいわばエコな技術なのです。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5695-8111 9;00~17;00 土 日 祝日を除く

PAGETOP
Copyright © Brix株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.